導入事例

設計開発・実験認証サービスの分野で様々な課題に対応しています。

受託業務での車載用電池パックの試作開発

導入に至ったきっかけ

車載用電池パックの開発が決まり、電池パックの筐体設計や、リチウムイオン電池のセルモジュール化、一部試作評価までを一括で依頼できる企業を探されていました。開発した車載用電池パックは、試作車両へ搭載する予定でした。

05_01.png

導入前に抱えていた課題

お客様の開発人員にあまり余力がなく、車載用電池パックの開発に充てられる人員が不足していました。また、依頼先はなるべく一本化したいというご要望がありました。そのため、部分請負ではなく、筐体、冷却路(空気、水)、ハーネス、電池モジュール、ジャンクションボックスと対応範囲が広く、ワンストップで試作開発まで行える企業を探されていました。

導入後の活用例

電池パックの試作品を試作車両に搭載でき、無事に性能評価を行えました。

具体的な設計内容
各種打ち合わせ、資料作成、DRなどは随時実施いたします。

05_02.png

もたらした効果、達成した数値

お客様からご依頼頂いた基準を十分満たす試作品を納品し、当初の予定通り試作車両を用いたテストを実施開始されました。
本案件での開発の流れは、仕様確認や見積もりに1.5週間、筐体設計に1.5週間、詳細設計や解析に8週間、出図や資料作成に3週間とスピーディーに進行できました。お客様の専門部署と緊密に連絡を取り合いながら、満足頂ける開発プロセスを実現できました。
また、設計評価には当社の解析技術により、課題の早期解決につながりました。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
他の事例を調べる

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin