導入事例

設計開発・実験認証サービスの分野で様々な課題に対応しています。

MATLAB®を用いたバッテリー温度調節システム開発

導入に至ったきっかけ

バッテリー温度調節システムの開発を依頼するにあたって、MATLAB®でのプラントモデル作成や、制御モデル作成など、モデルベース開発全般の知見に期待頂き、当社へご依頼頂きました。

導入前に抱えていた課題

バッテリー温度調節システムの仕様書を作成したものの、仕様書のモデル化やテストケースの作成、MILS(Model In the Loop Simulation)環境の構築・検証など、開発コストの低減を目的に、モデル化から成果物の納入まで、ワンストップでご依頼を頂きました。

導入後の活用例

まず、バッテリーの温度調節に関わる各要素(バッテリー、ラジエーター、チラー、ウォータージャケットなど)の熱交換をモデル化しました。それにより、各要素の仕様が変更になった場合でも、MILSにおいて繰り返し検証可能になりました。モデル作成だけでなく、テストシナリオの作成や結果検証も行いました。

11_01.png

もたらした効果、達成した数値

バッテリー温度調節システムを開発し、MILSにおいて検証・フィードバックを繰り返すことで、制御設計仕様の精度向上に大きく貢献しました。また、モデルベース開発の導入により、お客様の開発コストを低減することができました。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
他の事例を調べる

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin