導入事例

設計開発・実験認証サービスの分野で様々な課題に対応しています。

素子剥がしサービス事例

導入に至ったきっかけ

製作したプリント基板の不具合を解析するため、基板上の素子を効率よく取り外す方法を検討されていました。また、マイグレーション観察のために素子裏面と基板表面の観察が可能な企業を探されていました。

導入前に抱えていた課題

金属イオンが溶け出すマイグレーション現象は、基板故障の大きな要因の1つです。素子をすばやく除去し、実装部の品質評価を正確に行う仕組みを必要とされていました。しかし、そのために必要な「素子剥がし」の作業に手間がかかり、もっと基板の破損を少な
く、効率よく評価したいとご依頼を頂きました。

導入後の活用例

素子剥がしサービスを導入いただき、プリント基板の故障原因の調査や、再現実験・信頼性試験を実施した後のマイグレーション観察などに活用頂いています。

素子剥がし
素子剥がしとは・・・
基板の素子を剥がして、素子裏と基板表面を観察できるようにすること。
実績:マイグレーション観察などを行うための素子剥がし

13_01.png

もたらした効果、達成した数値

素子剥がしサービスにより、素子裏面と基板表面を正確に観察できるようになった結果、よりプリント基板の品質評価の精度が高まりました。また、マイグレーション観察を迅速に行え、プリント基板の潜在的な劣化要因を見つけて、問題の早期発見が可能になったと評価頂いています。また、手間のかかる素子剥がしを効率よく実施する事で、検査・評価のプロセスの短縮につながっています。

13_02.png

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
他の事例を調べる

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin