導入事例

設計開発・実験認証サービスの分野で様々な課題に対応しています。

「大型車車輪脱落事故の注意喚起に関する調査業務」実施事例

導入に至ったきっかけ

国土交通省が2020年11月1日から実施している「大型車の車輪脱落事故防止キャンペーン」の一環として、「大型車車輪脱落事故の注意喚起に関する調査業務」を受託しました。ダミー人形を用いた検証実験を検討・計画し、車体から脱落したタイヤが人体に衝突した際の影響を定量的に評価しました。

導入前に抱えていた課題

ホイールやナットの折損による大型車両の車輪脱落事故が多発しており、2019年には昨年比31件の増加となる112件の事故が発生。車輪脱落事故の重大性を正確に評価し、早期に防止対策を打ち出すためのエビデンスを得る検証実験が求められていました。

導入後の活用例

まず、検証実験の評価指標を決め、人体傷害度の判定基準を設定しました。脱落タイヤを搭載した冶具やダミー人形を作成し、タイヤ衝突による人体障害レベルをセンサーによって正確に算出しました。検証実験の計画段階から実施、動画納品まで約2ヶ月のスパンで完了しており、車輪脱落事故防止対策の調査検討に活用されています。

21_01.png
21_02.png
21_03.png

もたらした効果、達成した数値

車輪脱落事故の危険性を定量的に評価でき、とくにホイールやナットの日常点検の重要性のエビデンスを取得できました。また、運送事業者を対象とした事故防止対策の周知徹底にも活用されています。
21_04-1.png

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
他の事例を調べる

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin