テックコラム

業界トレンドニュース

警備員の負担軽減!警備ロボット『SQ-2』の実証実験を実施

SEQSENSE株式会社(以下、SEQSENSE)は、東京建物株式会社(以下、東京建物)とともに、自律移動型警備ロボット『SQ-2(エスキューツー)』の実証実験を実施しました。

実証実験は、2021年9月1日から10月31日の間、「オリナスタワー」「新宿センタービル」にて行われ、巡回業務性能や立哨業務性能などが検証されました。

実証実験に至る背景

オフィスビル・商業施設等の開発や管理を手掛ける東京建物は、施設管理現場の課題解決・生産性向上を図るため、デジタルトランスフォーメーション(DX)を積極的に取り入れています。

新型コロナウィルスの流行によって日本の経済活動が落ち込む中、警備業界もその波を受け、令和2年12月時点の有効求人倍率は6.82倍であり、深刻な人手不足が懸念されています。

そこでSEQSENSEと東京建物は、警備員の負担を減らすため、警備ロボットの導入に向けた取り組みを行いました。

警備ロボット『SQ-2』とは

自律移動型の警備ロボット『SQ-2』は、警備対象物件の詳細な3次元マッピング、移動物体の発見、環境変化の検出など、高度なテクノロジー機能が搭載されています。センシング結果を自己位置推定や経路計画に活用することが可能なため、人や障害物との接触を避けながら、繰り返し安定した移動をすることができます。

また、SEQSENSE独自のクラウドシステムによって、警備拠点から離れた場所でも、ロボットに警備業務に関する指示を出すことが可能です。

このような高度な技術が搭載された警備ロボット『SQ-2』は、人手不足が深刻な警備業界の労力削減に貢献していくことが期待されています。

(画像はプレスリリースより)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
今すぐ資料ダウンロード