テックコラム

業界トレンドニュース

全自動車メーカーのパートナー「ヴァレオ」、マルチタスク魚眼カメラ・オープンソースデータセットを初リリース

周囲への知覚技術の厳しさ

自動車部品サプライヤーとして高い技術力を持ち、ADAS(先進運転支援システム)の発展に貢献してきたヴァレオグループ(以下、ヴァレオ)は、11月15日、サラウンドビュー魚眼カメラ・オープンソースデータセットである「WoodScape」を公開しました。

背景には、自動運転の大きな課題の1つである「車両自身で周囲全体を判断できる知覚システム」が挙げられます。

従来は狭視野カメラを3つもしくは4つ活用し、広範囲からデータを搾取しようと試みました。しかし周囲の一視点からのデータ蓄積に関しては活用できますが、やはり車両の周囲全体の情報を定常的に分析するまでは実現できていませんでした。

より安全な道路交通に向けて、自動運転は周囲の物体を適切にラベルづけし、人の運転技術と同等の判断技術が求められています。ヴァレオはこのような課題を解決するため、WoodScapeの公開を決断しました。

ヴァレオ製品が持つ自動運転システム発展への可能性

WoodScapeには、ヨーロッパ地域全体で収集された10,000以上の街中の画像が含まれています。

これらはヴァレオ車両に搭載された4台の自動車グレードのサラウンドビュー魚眼カメラを用いて、地域内で走行された複数の画像です。また、セマンティックセグメンテーション、2Dオブジェクト検出、汚れ検知、ビジュアルオドメトリといったタスクのための注釈されたデータを利用しています。

加えて、ヴァレオは360度検知可能の魚眼カメラを製造しています。例えば超音波センサー、レーダー、カメラに始まり、唯一同社が量産している車載規格のLiDARなど。自動車部品のセンサーに関する製品・システムを網羅していると捉えられます。

今回の決断に関して、ヴァレオ・コンフォート&ドライビングアシスタンス・ビジネスグループ・プレジデントであるマルク・ヴレコーは、「より安全な道路交通に向けて、ヴァレオは低速と高速の自動運転シナリオに対応する魚眼カメラ用のコンピュータービジョン・アルゴリズムの開発を推進するために、WoodScapeを提供してリサーチコミュニティを奨励したいと考えています」と述べています。

ヴァレオはWoodScapeの公開と従来培ったセンサー技術の双方を組み合わせて、自動運転の知覚システムのレベルアップを目指していきます。

(画像はプレスリリースより)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
今すぐ資料ダウンロード