テックコラム

業界トレンドニュース

ロボットモビリティ『RODEM』、自動配送サービスの実証実験を実施

株式会社テムザックは2021年10月27~28日、株式会社NTTドコモ、独立行政法人都市再生機構と共にスマートモビリティ『RODEM』の自動運転・遠隔操作の実証実験を行いました。

多彩な分野での活用が可能

RODEMは、ユニバーサルモビリティとして、健康な人から移動に不安のある人まで幅広いニーズを対象に開発されています。ネットワーク機能を搭載しており、経路案内や多言語翻訳などにも対応しています。 

現在までに、観光地や市街地を回遊する利用方法などで自動運転や遠隔操作の実験を実施しています。

今後は、配送や人の移動の他、さまざまな物の持ち運びに利用し、その利用場所も車両が入りづらいところまで行けるなど、持ち味をいかせる形での研究開発を進めていくとのことです。

団地を利用した実験

団地を利用した実験

人々の暮らしの多様化を考える上で、今後はラストワンマイルの配送サービスが必要になると推定にされます。それを踏まえた今回の実験の実施方法は、団地内での自動配送サービスでした。

自動配送ロボットが団地の入り口から住棟まで商品を配達する実証実験で、生活する人たちからみたニーズ面や機能面、安全面などのサービスが確認されました。

(画像はプレスリリースより)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
今すぐ資料ダウンロード