テックコラム

業界トレンドニュース

NEXCO西日本とKDDI、5Gを用いて高速道路の省力化・効率化に挑む

舞台は西日本最大の面積・駐車台数を誇るサービスエリア

NEXCO西日本とKDDI総合研究所は、第5世代移動通信システム(以下、5G)を活用した高速道路施設管理の高度化・効率化を目的とした実証実験を12月よりスタートしました。

実証実験は、E1A新名神高速道路の宝塚北サービスエリアの上下線を中心に行われます。

第5世代移動通信システム(5G)を活用した高速道路施設管理の高度化・効率化を目的とした実証実験エリア

同社は実験に扱う機器の性能に加えて、その機器をより迅速に扱うための通信技術にも目を向けており、高速道路での高度かつ省力化したサービスを目指します。

高速・大容量の5Gと最新機器、その相性はいかに

同実験でのメインは大きく2つ挙げられます。

1つ目は混雑状況をより精細に把握するために無人航空機(以下、ドローン)を用いた実験です。

現在、サービスエリア・パーキングエリアにて「駐車場がどの程度混雑しているか」という情報は定点に設置された複数のカメラによって把握されています。今回はドローンのカメラから映し出される高精細な映像が、高速かつ大容量の5Gを活用することによって、従来の情報伝達とのスピード・正確さを測定します。

無人航空機(ドローン)を用いた実験概要

2つ目はサービスエリア・パーキングエリア内に設置されているゴミ箱です。

現状は人員をクリーンスタッフとして雇用し、収集したゴミを仮置き場へと回収する形式が取られています。同実験では5Gを活用した自走ロボットのゴミ収集技術を検討することが目的であり、結果次第ではクリーンスタッフの業務省力化が進められます。

どちらの実験も従来提供してきたサービスを最先端技術によって進化させることで、誰もが利用しやすい高速道路の実現を目指します。

(画像はプレスリリースより)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
今すぐ資料ダウンロード