テックコラム

業界トレンドニュース

2割以上の人が、車の買い替えで電気自動車を検討

株式会社エイチームライフスタイルは、電気自動車に関する意識調査を中古車一括査定サイト『ナビクル』で実施し、結果を公開しました。

自動車購入でも環境への関心が高まる

次に車を書き替えるもしくは、今後新しく購入するならどのエンジンタイプの車を選びますか?

同アンケートで、『次に車を買い替えるもしくは、今後新しく購入するならどのエンジンタイプの車を選びますか?』と質問したところ、アンケート全体の2割以上の人が「電気自動車の購入を検討する」と答えました。またその理由に「環境への意識」と答えた人が、電気自動車購入を検討する人の6割以上を占めました。

また「電気自動車の購入を検討しない」と回答した人の約8割が、「販売価格の高さ」を理由に挙げています。

現在保有している車はガソリン車中心

電気自動車を購入する場合に課題だと思うものを教えてください

アンケート回答による現在の保有車を多い順に見ると、ガソリン車の次にガソリンハイブリッド車、ディーゼル車、電気自動車と続きます。そして買い替える場合は、ガソリンハイブリッド車の次に電気自動車、ガソリン車、プラグインハイブリッド車となっています。

自動車ユーザーが考える電気自動車購入の課題は、やはり販売価格の高さが一番です。その次に「航続距離が短い」や「充電に時間がかかる」などが挙げられます。

さまざまな課題があるものの、エコカー減税などの支援制度の充実や販売価格が下がることによって、電気自動車の購入を検討するユーザーが増えるのではと考えられています。

(画像はプレスリリースより)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
今すぐ資料ダウンロード