テックコラム

業界トレンドニュース

日本金属、省資源化・省コスト化実現の非鉄異形圧延の量産技術を確立

異形圧延とCAEで時間短縮を実現

日本金属株式会社(以下、日本金属)は「非鉄異形圧延の量産技術」の確立を発表しました。

自動車部品製造の分野では、従来は切削加工技術が広く利用されてきました。そのような切削加工で成型していた形状ですが、日本金属は異形圧延技術での成型を実現。帯状の圧延に3次元的な要素を組み合わせ上下左右から圧延し、異形断面の形状を作り出す加工で量産します。

これまでの異形圧延は技術者の経験則と試行錯誤によって行われていたため時間やコストがかかりましたが、CAEComputer Aided Engineering)と呼ばれるコンピュータ上の試作品を用いてシミュレーション分析をする技術で、大幅な時間短縮も成功させています。

CAEは設計をする際に行う、事前検討の作業です。コンピュータを利用し仮想試作や仮想試験を行い、製品開発につなげます。実際に試作物を作成するのではなく、3D CADを含むソフトウェアを使用しコンピュータ上でさまざまな設計を検証するため、時間短縮やコストカットなどメリットが多く、幅広い分野で活用されています。

非鉄異形圧延の量産技術

非鉄異形圧延の幅広い活用

日本金属では従来のステンレスや特殊鋼だけでなく、マグネシウム・銅・チタン・ニッケル等の非鉄においても異形圧延技術を導入しています。

非鉄金属の異形圧延にCAE解析を活用し、今までなら切削加工で作り出していた部位を省資源・省コストで、プレス加工で作り出すことができます。さまざまな金属の異形圧延技術は自動車部品などの製造にも採用され、EV(電気自動車)関連用途など幅広い活用が期待されています。

(画像はプレスリリースより)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
今すぐ資料ダウンロード