テックコラム

業界トレンドニュース

新東工業が「オフラインティーチングソフトZYXerPath」を販売

新東工業株式会社(以下、新東工業)は2022年3月9日に、産業ロボットの力制御を可能にした「オフラインティーチングソフトZYXerPath(ジクサーパス)」(以下、ZYXerPath)を販売します。

難しかった力制御にも対応

新東工業が販売する「ZYXerPath」は、グループ会社の新東スマートエンジニアリング株式会社と共同で開発した6軸力覚センサ「ZYXer」を導入しています。

同ティーチングソフトでは、力覚データの出力先が2系統ある「ダブル出力モデル」を導入し1つはロボット制御に使用、もう1つを加工対象の輪郭に沿った制御に使用します。

オフラインティーチングは、産業用ロボットのティーチング方法です。ロボット実機を使わず3D CADのソフトウェア上で作成したデータをロボットに転送し、ティーチングを行います。しかし複雑な動きのプログラムには向かないといわれていました。

ZYXerPath」はダブル出力によってティーチング対象の個体差などにも対応し、精度の高いティーチングを行えるようになります。また、幅広いロボットメーカーのソフトにも対応可能です。

オフラインティーチングソフトZYXerPath

高精度オフラインティーチングがもたらす効果

オフラインティーチングが開発される以前は、ロボットへのティーチングは技術者が直接調整していたため、技術者の熟練度によって完成度の違いがありました。また、ロボットの設置場所によっては危険な現場もあり、安全面の課題もあります。

オフラインティーチングが導入されてからも、作業対象の微妙な形状差までは対応できないために、不良品の発生などにつながっていました。

ZYXerPath」はそのような微調整や複雑な動きまでも3Dデータ上でティーチングを行うことが可能です。また現場以外でも作業が可能なため、作業の時間短縮と技術者の安全をもたらすという効果があります。

新東工業は202239日より、東京ビックサイトで開催される「2022国際ロボット展」に「ZYXerPath」を展示する予定です。

(画像はプレスリリースより)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
今すぐ資料ダウンロード