テックコラム

業界トレンドニュース

車線逸脱警報システム、2026までの年平均成長率約17%の見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、2022年2月14日より「車線逸脱警報システムの世界市場:業界動向、シェア、規模、成長、機械、予測(2021年~2026年)」(IMARC Services private Limited)の販売を開始しました。

安全運転のための車線逸脱警報システム

車線逸脱警報システムは、道路上の車線を感知し車両が車線を逸脱した時や逸脱しそうな時にドライバーに警告をするシステムです。カメラで道路標識の検出や車両の位置を確認することで車両の動向を監視します。

車線からの逸脱があった時には、ドライバーの視覚や聴覚などに信号を出したり、ステアリングホイールに振動を送るなどの警告があります。その結果、ドライバーが車線からの逸脱を知り車両を安全な位置へ戻すことで、事故の可能性を減らすことができます。

自動運転と共に成長する市場

車線逸脱システム市場は、2015年から2020年に大きく成長をしました。運転支援システムを自動車へ導入し、ユーザーの交通安全に対する意識に対応できるように。また自動運転システムに関する技術やセンサーなどの進化もあり、ドライバーが安全運転へより注力できるようになっています。

そういった自動車産業の成長と自動運転への流れは市場を押し上げる重要な要因となっており、2021年から2026年の間の車線逸脱警報システム市場は年平均成長率が約17%と予想されています。

車線逸脱警報システム

(画像はプレスリリースより)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
今すぐ資料ダウンロード