テックコラム

業界トレンドニュース

電気トラック市場、2030年までの年間成長率26.5%の見込み

REPORTOCEANは、電気トラック市場の2022年~2030年の年平均成長率が26.5%で推移すると予測するレポートを発行しました。

電気トラック市場、2030年までの年間成長率26.5%の見込み

電気トラックの需要と推進

REPORTOCEANによると、電気トラックの2021年世界市場規模は49620万米ドルでした。そして2030年には41650万平ドルに達し、年平均成長率は26.5%で推移するとの見込みです。

今まではディーゼルエンジン車のトラックが主流だった物流業界ですが、電気自動車の導入を政府も推進しています。

バッテリーコストの削減などが今後のトラック業界が電気自動車を導入する条件の1つとなりますが、そのためには充電スタンドなどのインフラ整備も必要で、電気トラックが物流の主流になるにはまだハードルが存在します。

電気トラック市場成長の鍵は

バッテリーが動かす電気トラックは、エンジンが必要ありません。そのためディーゼルトラックなどに比べると使用部品が減り、メンテナンスのコストを下げることができます。今まで問題になっていたエンジン音などの騒音も、そもそもエンジンがないため低く抑えることができます。

COVID-19の世界的流行で一時期は電気トラックの生産や販売などが止まった影響もあり、市場の成長も鈍くなりました。それでも各国の制限が緩和されるにつれ、再び成長の伸びは戻ってきています。

これからの世界の中では中国やアジア太平洋地域での電気トラック需要の向上が予測され、市場が大きく成長すると考えられます。充電インフラの整備や自動運転技術の発展などが、今後の電気トラック市場の成長を後押しすると期待されています。

(画像はプレスリリースより)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
今すぐ資料ダウンロード