テックコラム

業界トレンドニュース

ドローン同士の直接通信システムが実用化に向け前進

世界初の新技術

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が、ドローン同士がそれぞれの位置情報などを直接通信するシステムを開発したことを2022411日に明らかにしています。

ドローンを物流や広範囲の農薬散布、災害対策などに応用するには、目視外まで飛行させる場合の運用方法に課題がありました。

同研究開発におけるドローン同士の直接通信システムは、地上の操縦者やネットワークを経由せず、複数のドローンを安全に同時飛行させることが可能です。

このシステムを応用した実証実験では、ドローン4機での編隊飛行による群飛行技術と、同一の空域において4機のドローンが自律的に相互の接近を回避する技術が、世界初の成功を収めています。

ドローン同士の直接通信システム

運用の効率化に期待

同研究開発ではドローン同士が920MHz帯の電波を使って相互に通信を行います。

ドローン同士の相互連携のため、GNSSで得られた位置情報を共有する「機体間通信システム」を開発し、各ドローンが飛行制御装置に接続することを可能にしました。

今後は群飛行技術や通信技術の高度化を進め、多数のドローンが飛び交う時代における運用の効率化を目指します。

(画像はプレスリリースより)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
今すぐ資料ダウンロード