テックコラム

業界トレンドニュース

インフラ分野のDX化推進のための共同実証実験を実施

インフラ分野のDX化推進のための実証実験

株式会社イクシス(以下、イクシス)と日本無線株式会社(以下、日本無線)の2社は、インフラ分野のDX化推進のための共同実証実験を実施しました。

インフラ分野のDX化では、インフラの施工段階、完成段階、維持管理段階等、それぞれの段階において現場の状況を記録し、デジタル化することが求められます。

DX化を実現する効果的な手段として、イクシスが保有するBIMCIM双方向連動自動巡回ロボットシステム(以下、i-Con Walker)を使用しました。

また日本無線が保有するローカル5Gシステムを用いることで、大容量になる精密な記録データの伝送を実現しています。

DX化による時間短縮と省力化の実現を検証

今回の実証実験はインフラ分野のDX化事例の一つとして、建造物の管理支援への活用を想定して行われました。

DX化による時間短縮と省力化の実現を検証

i-Con Walkerが建物内を自動巡回点検して取得した検査データのうち、大容量になるフロアの点群データを高速大容量通信が可能なローカル5Gシステムを使ってリアルタイムに伝送しました。

従来はメモリ等の持ち運び可能なメディアを介して共有していた現場の精密な検査データをリアルタイムに共有できるようになり、DX化による時間短縮と省力化の実現を検証しました。

さらに高精細な4K映像や360度カメラの活用により、より精密な検査データの取得や点検品質・生産性の向上が期待されます。

(画像はプレスリリースより)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
今すぐ資料ダウンロード