テックコラム

業界トレンドニュース

コンパクトな自律走行型搬送ロボットSR-AMR150を開発

自律走行型搬送ロボット「SR-AMR150」

自律走行型搬送ロボット「SR-AMR150」

2022421日、株式会社スマートロボティクスは、自律走行型搬送ロボット「SR-AMR150」を開発し、販売を開始したことを発表しました。

使用を想定しているのは、搬送作業の完全自動化やロボット専用走行路の確保が困難とされている、中小工場や医療機関などといった施設です。既に設置されている設備などと連携させたり、荷台などをカスタマイズしたりすることもできます。

同ロボットの特徴は、横が46㎝で縦が65㎝、高さが35㎝という「人とすれ違うことができるサイズ」です。テストマーケティングで抽出した、搬送ロボットが人と共存可能であること、タブレットでシンプルに運用できること、既存の設備と連携できること、拡張性があることなどのユーザーのニーズを取り入れました。

自律走行可能でガイドレール不要

自律走行可能でガイドレール不要

本体にはセンサーと三次元(3D)カメラが搭載されており、自律走行が可能です。自己位置を把握し、障害物検出して自動で回避することができ、搬送のためのガイドレールを必要としません。最高速度は1秒間に1.4mで、最大150㎏の荷物を搬送できます。

コントローラー(タッチパネル)での操作や、ワンクリックといったパソコンの操作画面での簡単な操作で、任意のポイントへ移動できます。最長走行時間は、1回の充電で8時間となっています。

(画像はプレスリリースより)

パーソルR&Dの関連サービスはこちら:

robot_banner_01.PNG

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
今すぐ資料ダウンロード