テックコラム

業界トレンドニュース

車内UIに活用、振動信号を音響信号からリアルタイムで自動作成

車内のユーザーインターフェース(UI)として期待

2022426日、株式会社デンソーテンは、振動信号を音響信号からリアルタイムで自動作成する技術を開発したことを発表しました。この技術は、車内のユーザーインターフェース(UI)として活用することを見込んでいます。

既存の技術では、場面に応じてリアルタイムの振動信号を作成することは困難で、椅子やシートの振動を発生させるための準備が事前に必要とされていました。

振動信号を音響信号からリアルタイムで自動作成する技術

振動による触覚活用で直感的な状況判断を

回開発された新技術では、振動効果が必要な場面やタイミングを、映像や音からなるベースの3Dthree dimensions)オブジェクトデータから自動で検出し、音響信号と連動した振動信号が、検出した場面とタイミングでリアルタイムに自動で生成されます。

個別に制御した振動信号のパラメーター(振幅、周波数、遅延など)を、複数の振動デバイスに入力し、目標とする振動感および振動の方向性を、少ない振動デバイスであっても再現します。聴覚や視覚以外の情報提示の方法として振動を活用することで、状況判断が直感的に行えることを期待しています。

現時点で想定されている活用方法としては、車両に搭載されているカメラなどから自動作成した振動信号によって、周囲の車両が接近したことを通知することや、進路指示(右左折など)を振動で行うことなどです。現実感のある運転体験を実現するために、運転シミュレータに活用することも考えられます。

(画像はプレスリリースより)

パーソルR&Dの関連サービスはこちら:

passenger_banner_01.PNG

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
今すぐ資料ダウンロード