テックコラム

業界トレンドニュース

国産の完全データセキュリティ「インテグリティ・ドローン」を展開

3社連携で「インテグリティ・ドローン」を展開

2022613日、株式会社アイ・ロボティクスは株式会社ZenmuTechおよびネクストウェア株式会社と連携して、「インテグリティ・ドローン」を2022年度中に国内外の航空機、ドローン、自動運転、防衛装備業界などへ展開していくことを発表しました。

国産の完全データセキュリティ「インテグリティ・ドローン」を展開

「インテグリティ・ドローン」によって、移動型ロボットや無人航空機(ドローン)にマイクロ化した国産の秘密分散技術(※1)を搭載できます。通信が途絶した場合は、データは即時無効化されるため、自律航行プログラムの逆アセンブルや機密データ復元は不可能です。

昨今、産業領域および物流領域にとどまらず、安全保障のために自律移動型ロボットやドローンが活用されています。そのため、機体には飛行経路や国家機密などの機密情報が多数存在し、自律移動のためのプログラムは各社の技術が密集しています。悪意ある第三者からの逆アセンブルは絶対に避けなくてはなりません。

秘密分散「ZENMU-AONT」を使用

ドローン内におけるシステム処理

「インテグリティ・ドローン」技術には秘密分散「ZENMU-AONT」が使用されており、データの分散化がリアルタイムにシステム上で実行されます。その分散片を利用し、ベースステーションに送信したり、想定外の事態には自動消去されたりする仕組みとなっています。

ZENMU-AONT」の分散片の情報を復元するためには、すべての分散片が必要です。分散片の一部を物理的に切り離したり、破壊したりすると、データは復元できません。

同オリジナル技術によって、ドローンが自身を無意味化することが可能となり、ドローンが蓄積したデータやプログラムを守ります。

※1

秘密分散技術

データをそれぞれ意味を持たない複数の分散片に分けることで、別の環境で別々に分散片を管理し、データの外部流出を防ぐ技術。

(画像はプレスリリースより)

パーソルR&Dの関連サービスはこちら:

robot_banner_01.PNG

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
今すぐ資料ダウンロード