テックコラム

業界トレンドニュース

マイクロンが1.5TBのmicroSDカードと自動車安全水準のD認証取得DRAMを発表

1.5TBのmicroSDカードと自動車向けLPDDR5メモリを発表

2022621日、マイクロン・テクノロジーは世界最大容量となる1.5TBmicroSDカード「i400」と、初めて自動車安全水準(ASIL D認証を取得したLPDDR5 DRAMの提供を発表しました。

microSDカード

爆発的に増加しているインテリジェントエッジのデバイスにおいて必要になる、複雑なメモリとストレージに最適化された強力なソリューションになるとしています。

インテリジェントエッジでのデータ活用を推進

世界のコネクテッドIoTデバイス数の2020年における実績は113億台にのぼり、コロナ禍で減速が見られるものの、様々な分野においてデバイスが増加しています。

各デバイスは膨大な量のデータを生成すると予測されるため、生成された場所(エッジ)でデータの保存、管理、分析が求められ、そのためには様々な環境条件で稼働できる産業グレードのメモリとストレージが必要です。

AIを活用したビデオセキュリティ向けの産業用ストレージとして提供するのが、世界初の1763D NANDを使用して1.5TBの世界最大容量を誇るmicroSDカード「i400」。

もう一つは世界初となるISO 26262 ASIL D認証を取得した低消費電力のLPDDR5 DRAMで、高性能、電力効率、低レイテンシーによって次世代自動車システムの帯域幅要件の増大にも対応可能としています。

(画像はプレスリリースより)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
今すぐ資料ダウンロード