テックコラム

業界トレンドニュース

Carbony VPPプラットフォームでEVから72時間無停電の給電

「EV導入トータルサービス」開発を支援

TISインテックグループは2022628日、TIS株式会社(以下「TIS」)が北陸電力株式会社(以下「北陸電力」)と北陸電力グループに、脱炭素ソリューションである「Carbony」のCarbony VPPプラットフォームを提供し、「EV導入トータルサービス※1」のBCP特化タイプ※2開発を支援したことを発表しました。

開発の目的は、脱炭素社会実現に向けた、北陸電力と北陸電力グループによる電気自動車(EV)導入支援です。Carbony VPPプラットフォームを採用し、EVを蓄電池に見立て、周辺機器をIoTに束ねることで、安定的にV2HVehicle to Home)の充放電量制御を実現しました。

Carbony VPPプラットフォーム

Carbony VPPプラットフォームは、TISが提供するアグリゲーター向けのクラウドサービスであり、経済合理化も実現している次世代エネルギープラットフォームです。国内でのアグリゲーションビジネスに最適化されていて、バーチャル・パワー・プラント※3(以下「VPP」)事業参入へのハードルが下がります。

なお、使用状況モニタリングとリソース操作計画シミュレーションおよび各リソースへの充放電指示といった分散電源リソース管理が基本機能ですが、北陸電力のために開発した停電時対応機能が実装されています。

※1

電気自動車(EV)の導入および活用を一括サポートするサービス。

※2

国内で初のサービスで、停電の際、無停電で長時間の給電を複数台のEVによって行う。

※3

電力供給のバランスを調整するために、分散型のエネルギーリソースを仮想的にIoTで束ねる仮想発電所のこと。

72時間無停電の給電を実現

72時間無停電の給電を実現

2022420日より北陸電力で提供されているBCP特化タイプは、北陸電力の社宅(約40人を収容可能)でのV2Hに関する実証実験で72時間無停電の給電を実現しています。

同実証実験は、複数台連携したEVの充放電量制御をエネルギーマネジメントシステムで行い、施設への長時間の給電を無停電で実施しました。使用電力は145kWh/3日間でした。72時間は、災害の際に電力を確保する時間として望ましいとされています。

(画像はプレスリリースより)

パーソルR&Dの関連サービスはこちら:

ev-hev_banner_01.PNG

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
今すぐ資料ダウンロード