テックコラム

業界トレンドニュース

コンクリート打設の数量管理と時間管理を自動化

エッジAIでコンクリート打設管理を自動化

株式会社安藤・間(以下、安藤ハザマ)は2022630日、コンクリート打設の数量管理と時間管エッジAIでコンクリート打設管理を自動化理の自動化を実現するシステムの開発成功を発表しました。

ICTツールを活用した同システムによって、コンクリート打設の数量・時間管理が自動化され、一層の省人化と品質確保が担保されます。

なお、同システムには、Avintonジャパン株式会社が提供するエッジAI(画像認識システム)技術が利用されています。その場でAI処理するため、エッジAI手法ではインターネットに接続できるネットワークカメラとminiPCが搭載されています。データ送信が不要で送信速度が速いため、リアルタイム性に優れています。

自動で電子データ化しリアルタイムでクラウドに送信

自動で電子データ化しリアルタイムでクラウドに送信

安藤ハザマの同システムでは、エッジAI搭載の端末から送信された生コン車の現場到着時刻や打設終了時刻が自動的に電子データ化されます。また、生コン車の運転手が文字認識システムと連携されたタブレットに生コン納品書の画像データを送信すると、内容が電子データ化されるため、時刻と納品書の2種類のデータをリアルタイムでクラウドに送信可能です。

クラウド上でデータを統合することで、各生コン工場の打設数量および打設時間を瞬時に把握し管理することが実現します。コンクリート打設管理帳票などは自動的に作成され、関係者はクラウドにより、管理データおよびネットワークカメラ画像にリアルタイムでアクセスできます。

生コン工場では、通信機材等を導入する必要がないため、導入のハードルが下がっています。同システムは、大型ケーソン工事のコンクリート打設で導入された実績があります。約1,500m31回のコンクリートを4台のポンプ車で7カ所の生コン工場から運んだ同工事では、余って生コン工場に戻される「戻りコン」をおよそ6割削減し、従来設置していた専任管理者をゼロにしました。

(画像はプレスリリースより)

パーソルR&Dの関連サービスはこちら:

robot_banner_01.PNG

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
今すぐ資料ダウンロード