おすすめサービス

シャシダイナモメータ―を活用した試験サービス

 シャシダイナモメーターとは


試験室の床下に設置されたローラー上で乗用車やトラック等の自動車を走らせることで、実走行に出来るだけ近い条件を再現させ、動力性能や燃費性能、耐久性などを試験するものです。
一定の条件で走行させることが可能で、各種計測や性能比較に用いられることが多い装置です。


●国が定めた試験モードを走行させて排気管から放出されるCO、HC、NOx、CO2の総排出量や、燃料消費量を排出ガス分析計を用いて測定することが出来ます。また電動車両(EV)を走行させ、電力消費量や一充電での走行距離の測定も可能です。
●当社の保有するPEMSとの組み合わせで、公道走行をシャシダイナモメーターで再現することも可能です。

 

 パーソルR&Dのシャシダイナモメーターによる試験サービス


カーボンニュートラルを目指す過程では燃費向上、CO2削減は重要な技術であり、当社のシャシダイナモメーター試験サービスはその技術開発をサポートいたします。

■燃費試験、排出ガス、CO2計測等
 ●モード運転による各種計測
 ●RDE*1試験の再現、相関検証(当社保有PEMS*2も併用)
 ●公道やテストコース走行との比較

■電動車両(xEV)各種試験
 ●電力エネルギー消費率(電費)計測
 ●運転状況に応じた各部温度の計測

■その他、任意条件での連続走行や電制データ計測(CAN/LIN/アナログ電圧)

【特徴】
・4WD 対応
・WLTC*3対応 (国内3phase)
・排出ガス分析(Model:MEXA、OBS-ONE)

*1 RDE:Real Driving Emission、路上走行試験
*2 PEMS:Portable Emission Measurement System、車載式排出ガス測定装置
*3 WLTC:Worldwide harmonized Light vehicles Test Cycle、乗用車等の排出ガス・燃費国際調和試験サイクル(モード法)

 

 試験サービスの流れ


■ 実験計画の作成から、エンジン(車両)の手配、データの計測に留まらず、結果の解析までフルサポート
■ 一括請負、部分請負など、お客様のご要望に合わせて、ご支援します
■ エンジン運転やデータ計測に関するコンサルティングのご支援も可能です

●試験要件打合せから報告書作成の一連の業務について、プロジェクト マネジメントを行います。
●試験内容に合わせて最適な試験場所および計測器/手法を選定し、ご用意します(自社保有、外部リソース)。
●車両の手配から一貫しての対応が可能です。
●天候や時間に左右されず、一般路での走行に近い条件での試験が実施可能です。
●任意条件での試験実施も可能です(オペレータ or ドライバーが再現します)。
●各種計測器の準備から、試験要件に合わせた備品の製作や車両・部品の加工などの準備も対応します。
●必要に応じ、夜間対応も可能です。

 

 シャシダイナモメーターの基本スペック


シャシダイナモメーター / フルダイリューショントンネル

項目 仕様
 駆動方式 4WD(FF、FRおよびRR対応)
 定格動力 230 kW
 定格吸収力 / 駆動力 6,400 N / 6,400 N
 最高速度 200 km/h
 ローラ寸法 直径 48 インチ、1,219.2 mm
内幅 800 mm
外幅 2,330 mm
 ホイールベース 2,100 ~ 4,400 mm
 許容車両重量 4,500 kg
 軸重 2,500 kg
 車風速ファン 風速 160 km/h(WLTP*4仕様)
風量 1,066 m3/min
 空調設備 温度設定範囲: 20~30 ℃
ソーク、スタート:23 ± 3 ℃
試験中:23 ± 5 ℃
湿度:5.50 ~ 12.2 g-H2O/kg
 車両搬入扉 高制限:3.0 m
幅:3.6 m
 シャシダイナモメーター室 奥行:12.5 m
幅:10.2 m
高:6.0 m

*4 WLTP:Worldwide harmonized Light vehicles Test Procedure、乗用車等の排出ガス・燃費国際調和試験法

 


計測盤 / 自動車排出ガス試験システム

項目 モデル
 計測盤 VULCAN EMS-CD48L
 自動車排出ガス試験システム STARS VETS (Vehicle Emissions Test System) VETS-9000PC

 


シャシダイナモメーターによる試験に関するお困りごとがございましたら、
お問い合わせページより「開発支援に関して」をお選びいただき、ご相談ください。