おすすめサービス

認証試験サービス

 自動車に関する法規


日本国内を走行する車両(自動車、原動機付自転車及び軽車両)においては「道路運送車両法」が国土交通省により規定されています。また、道路運送車両法には「保安基準」が定められており、安全確保と公害防止などの観点から、自動車の設計製造のための各種要件も規定されています。
1998年に国連の「車両等の型式認定相互承認協定」に加入した日本では、「協定規則」の採用が段階的に進められています。

 自動車の認証試験サービス


パーソルR&Dは、実験サービスとして、主に商用車(トラック、バス)の開発実験業務を数多く受託してきました。そのため、車両実験に加え、各種認証試験立ち会い試験についても多数の実績があります。その技術を基に、保安基準ならびに協定規則に準則した試験を「認証試験サービス」としてご提供します。
詳細は以下の試験項目一覧にてご確認ください。

車両認証に関わるお困り事、ご支援します

 認証試験項目一覧


 No.        項目名       詳細名
 R4  番号灯 動力駆動車両およびそのトレーラーのリアライセンスプレートの照明のための装置の認可に関する統一規定
 R13  貨物車等の制動装置 トラック、バス及びトレーラーの制動装置試験
 R13-H 乗用車の制動装置 乗用車の制動装置の認可に関する統一規定
 R46  後写鏡等試験 後写鏡等及び後写鏡等取付装置試験
 R51  四輪車の騒音防止装置 四輪以上の自動車の音の発生に関する認可にかかわる統一規定
 R58  突入防止装置 後部突入防止装置の基準
 R79  操縦装置 かじ取装置試験
 R130 車線逸脱警報装置 車線逸脱警報装置試験
 R131 衝突被害軽減制動制御装置 トラック、バスの衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)に係る自動車の認可に関する統一規定
 R152 乗用車等の衝突被害軽減
制動制御装置
乗用車等の衝突被害軽減ブレーキに係る基準

※上記以外の認証試験の取得につきましては、弊社営業までお問い合わせください。

 

 認証試験サービスの流れ


■ 認証取得の計画作成から、認証機関による立ち会い試験までフルサポート
一括請負部分請負など、お客様のご要望に合わせて、ご支援します。
■ 認証取得に関するコンサルティングのご支援も可能です。

●試験要件の打合せから報告書作成までの一連の業務について、プロジェクトマネジメントを行います。
●試験内容に合わせて、実施可能なテストコースを選定しご用意します。
●シャシダイナモや公道を使用した試験も実施可能です。
●各種計測器やターゲットの準備、試験要件に合わせた備品・構造物の製作、白線引きなども対応します。
●必要に応じ、夜間対応も可能です。

Go to English page