ロボット・モビリティ開発

パーソルR&Dはロボット・モビリティ開発の分野で様々なサービスを展開しています。

ロボット・モビリティ開発サービスの特徴

機械設計/電気電子設計/制御ソフト開発/MBD/実験のあらゆる分野で対応可能

  • 機械設計:介護用ロボットの機構設計、運搬用AGVの開発、ドローン機体の設計
  • 電気電子:半導体製造装置設計、自動倉庫システム電気設計など
  • 制御ソフト:自動歩行ロボットに必要な、センシング制御、認識アルゴリズム開発、SLAMによる自立走行制御
  • MBD:自己位置推定と地図作成

ロボット・モビリティ開発サービスとは?

これまで産業用ロボットはさまざまな工場で活用されていますが、一人ひとりの生産性向上のためには、人をサポートし協働するロボットが不可欠となります。当社ではロボットと人が一緒に働ける未来を実現するため、物流運搬用の自動搬送ロボットや介護用ロボットなど、安全にそして人のパートナーとなりえるロボット開発を支援いたします。
さらにドローンなどの新たなモビリティについても開発を支援いたします。

ロボット・モビリティ開発サービスの概要

ロボット・モビリティ開発サービスと各部署との関係

機械設計開発

■介護用ロボットの機構設計

■運搬用AGVの車体・シャシ設計

■ドローン機体の認証試験

制御ソフト開発

電気電子開発

■対応可能項目
 ・設計(回路、システム、レイアウト、アートワーク)
 ・製作(基板、ワイヤハーネス)
 ・部品調達
 ・テスト(単体、結合、システム)
 ・資料作成(報告書)

■実施例
 ・電源基板の回路設計
 ・制御基板の回路・レイアウト設計
 ・電源・通信ラインのハーネス設計・製作

MBDサービス

・自己位置推定と地図作成
自律移動のための自己位置推定と地図を作成します。
MATLAB/SimulinkとROS/ROS2の連携によるシミュレーションが可能です。

・物体の検出と領域の切り出し
物体検出や領域の切り出しによる物体認識ができ、空間把握に応用できます

このようなお悩みがありましたら、今すぐお問い合わせください。

  • ロボットの試作品を作りたい
  • 自動搬送ロボットの遠隔操作を行いたい
  • 自律走行ロボットを開発したい
  • AIに必要な機械学習データを作成したい

ご支援開始までの流れ

  1. STEP 01お問い合わせお電話または問合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
  2. STEP 02ヒアリング当社の担当がご連絡。貴社の課題をヒアリングし、最適なサービスのご提案を致します。
  3. STEP 03お見積もり・ご契約お見積もりをご展開し、契約を行います。
  4. STEP 04ご支援開始お客様に合わせた形でのサービス支援を開始します。

関連事例

今すぐサービス資料ダウンロード
今すぐサービス資料ダウンロード

サービス一覧に戻る