NEWS

芝浦工業大学飯塚研究室との共同研究 ~ロボティクス・メカトロニクス講演会2020出展~

パーソルR&Dでは、2017年より芝浦工業大学 飯塚研究室と共同研究を行っています。
2020年5月には、一般社団法人 日本機械学会が主催する「ロボティクス・メカトロニクス講演会2020」にて、2件の共同研究成果を発表しました。

<発表内容>

・空気レス可変剛性車輪用スリットトレッド構造の有効性検討
・空気レス可変剛性タイヤのバネ圧縮機構に関する研究

※出典元 (P.100): https://robomech.org/2020/wp-content/uploads/2020/04/RM20_program_ten0417.pdf

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響を受け、同会初のオンライン開催となりましたが、デモ機の走行動画などを用いて例年と変わらない研究発表を行うことができました。

同研究室では、被災地など極限環境で使用するモビリティのため、“可変剛性機構”を用いた車輪の研究を進めています。パーソルR&Dは今後も産学連携による共同研究を推進し、技術を通じた社会貢献の実現を目指します。


ロボティクス・メカトロニクス 講演会
一般社団法人 日本機械学会が主催する、国内最大級のロボット工学、機械工学、電子工学分野の研究成果発表の場。2020年度はオンラインで開催され、発表件数1,319件、参加人数1,711名(有料参加)。

(外部リンク)https://robomech.org/2020/

Go to English page