テックコラム

業界トレンドニュース

キーサイト、完全自動運転のための新ソリューションを発表

キーサイト・テクノロジー・インク(以下、キーサイト)は、自動運転(AD)車開発のために必要となる複雑な実環境の走行シナリオをラボ内でできる、レーダー・シーン・エミュレーターを、2021年12月20日に発表しました。

複雑なテスト走行もできるように

キーサイトが発表したレーダー・シーン・エミュレーターは、ラボ内で512個の物体と1.5メートルまでの距離の再現を可能にするシステムです。そのため実際の道路上のように複雑な、現実世界に近い走行シナリオテストをラボ内で行えるようになりました。

また距離や速度、交通環境を変化させたテスト走行シナリオを使用できることで、一般的な道路状況のテストから珍しいケースを想定したシーンのテストまで様々な内容を繰り返し行えます。

開発や自動運転の安全も向上

自動車メーカーは、自動運転や先進運転支援システム(ADAS)を開発するために複雑なテスト走行を十分行うことが大切だと認識しており、安全性に関わる問題だと考えています。

このようなエミュレーターを使用することにより、自動運転システムのテスト走行を迅速に安全に行えることで、今後の自動運転の開発にとっても大きなメリットにつながっていきます。

(画像はプレスリリースより)

パーソルR&Dの関連サービスはこちら:

adas_banner_01.PNG
equipment_banner_02.PNG

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
今すぐ資料ダウンロード