テックコラム

業界トレンドニュース

自動車用イグニッションコイルの世界市場、2027年まで4.00%以上の成長予想

REPORTOCEANは、自動車用イグニッションコイルの世界市場が2021~2027年の予測期間中に年平均成長率4.00%以上で成長すると報告したレポートを2022年1月31日に発行しました。

予測される健全な成長率

自動車用イグニッションコイルはガソリンエンジン車に使用されている部品で、自動車の点火システムの誘導コイルです。スパークプラグがエンジンの燃料室内で電気火花を発生させ燃料に点火をするために必要なもので、機械式のものと電気式点火系統に用いられるダイレクトイグニッション用があります。

その市場は2020年に約25億米ドルとの評価を受け、2021年からも年成長率4.00%以上の成長を続け2027年までには32.9億米ドルに到達すると予測されています。

地域による事情と成長

電気自動車の開発が進んでいる現在でも小型車や中型車の普及によりガソリン車の生産台数は増加しており、自動車用イグニッションコイルは採用されています。世界の地域の中でも、アジア太平洋地域は2021年から2027年でも高い成長率を示すと報告されています。

それに対し、北米などは二酸化炭素排出量の削減へ向かうことや電気自動車の開発が進んでいることなど、成長が予測されている20212027年の期間でも成長を鈍らせる要因も存在しています。

自動車用イグニッションコイル

(画像はプレスリリースより)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
今すぐ資料ダウンロード