テックコラム

業界トレンドニュース

「多点測位システムの研究開発」が総務省の提案公募に採択

周波数資源の有効活⽤に向けた⾼精度時刻同期基盤の研究開発に採択

総務省が公募していた「令和4年度から新たに実施する電波資源拡⼤のための研究開発に係る提案公募」について、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)、FCNT株式会社、株式会社コアが共同で行う研究が採択されました。

公募の研究開発課題の一つ「周波数資源の有効活⽤に向けた⾼精度時刻同期基盤の研究開発」に採択されたテーマは、「多点測位システムの研究開発」です。

GNSSアンカーと単眼カメラを活用した多点測位システム

5Gおよび5G以降の世代(Beyond 5G)の移動通信システムが実現した後の社会においては、各センサーや端末の時刻同期精度・位置精度を向上させることが、周波数資源の有効利用促進になります。

そのために求められるのは、小型民生機器に搭載可能な小型原子時計とそれを活用し近距離通信において各端末で時刻情報を高精度に同期・管理する時刻同期基盤の確立。

合わせて端末の位置情報を正確に把握するための時空間座標情報基盤を実現する多点測位システムを確立する研究開発が今回採択されました。

この研究開発の中で、株式会社コアは日本版GPS「みちびき」の高精度測位補強サービスの受信機開発で培った高精度GNSS測位技術や、単眼カメラによる物体認識及び測距技術を提供。

GNSSアンカーと単眼カメラを活用した多点測位システム

これにより、各端末の時刻同期精度・位置精度を向上させ、時間軸や空間軸での周波数資源の有効利用促進を目指すとしています。

(画像はプレスリリースより)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
今すぐ資料ダウンロード