新着情報

パーソルR&Dに関する新着情報について紹介しています
イベント

オンラインセミナー「次世代開発に役立つSimulink®最新機能紹介」開催のお知らせ

次世代開発に役立つSimulink®最新機能紹介

■ 概要 ■
自動車OEMや大手サプライヤーで推進されているモデルベース開発(MBD)は、自動車業界だけでなく、建設業界、医療業界、FA業界などさまざまな分野で注目されています。

MBDを実施する上では、MathWorks社のMATLAB®/Simulink®を利活用して業務を推進することが多くあります。 しかし、バージョンの違いで機能が変わり、戸惑われる場面も多く発生します。 今回は、R2015bからR2021aバージョンの変化を中心として、MathWorks社より業務で利活用できるヒントをご紹介いただきます。

また、バージョン変更における再構築したモデルの等価性検証実施については、当社MBDチームよりご紹介いたします。

MATLAB®およびSimulink®をご存知の方にご参加いただける内容です。

■ 対象製品 ■

  • MATLAB®
  • Simulink®
  • Simulink Check™
  • Simulink Test™

■ 開催形式 ■
オンライン

時間 タイトル
15:00~15:05 オープニング

東海開発本部 第4設計部 MBD推進室 室長 下野 博史

15:05~15:15 パーソルR&DのMBD対応事例​

東海開発本部 第4設計部 MBD推進室 竹下 礼智

15:15~16:00 次世代開発に役立つSimulink®最新機能​

MathWorks Japan​
アプリケーションエンジニアリング部 シニアアプリケーションエンジニア 山本 順久 様​

自動車業界で広く使われているMATLAB®/Simulink®は年に2回定期的に機能拡張を行っています。​
本セミナーでは、R2015b~R2021aで導入された選りすぐりのSimulink®新機能/改善点について紹介します。
​ 皆様のMBD(モデルベース開発)関連業務に役立つヒント満載でお送りします。​
主にモデル開発速度向上、シミュレーション高速化、新しいブロック・モデリング機能について取り上げます。

16:00~16:05 質疑応答
16:05~16:20 Simulink CheckTMを用いた等価性検証事例紹介

東海開発本部 第4設計部 設計4課 下條 麻愛​​

Simulink CheckTMを用いたモデルの等価性検証をご紹介いたします。​
​ エクセル入力した結果を自動で取り込み、等価性検証作業の効率化向上含めた対応事例をご紹介いたします。
​​ R2021aへの移行に伴うモデルの等価性検証にも活用いただけます。

16:20~16:25 質疑応答
16:25~16:30 お知らせ


■ 期限となりましたので募集を締め切りさせて頂きました。多数のご応募ありがとうございました ■