RECRUITER’S
MESSAGE

採用部門責任者からのメッセージ

技術力と人間力を磨き、
世界中の社会課題を
“技術”で解決する

写真

採用部 部長 日比野 政輝

パーソルR&Dのエンジニア

私たちパーソルR&Dは、ミッションステートメントにもあるように、“尖った技術”で社会の発展に貢献する企業です。お客様の課題は様々なので、保有している技術力をどのように提供するかはその時々によって変わりますが、ある時はロボット制御プログラムの機能を丸ごと請け負ったり、ある時は航空機の機械設計において高い技術力のある社員を派遣したり、ある時はEVに使われる部品を弊社で仕様検討/設計したうえで、試作品を外部のパートナー企業と共に製作し、納品したり・・・と、業界/製品の枠組みを越え非常に広いです。自動車メーカーが通信キャリアと手を組んだり、IT企業が自動車業界に参入したりと、これからは様々なプレイヤーが入り混じって技術革新が加速度的に進んでいきますので、弊社のように幅広くいろんな開発経験が積めるというのは、エンジニアとして非常に強みになると思います。

写真

技術力、人間力を磨く

技術革新が加速度的に進む中、日々技術力を高めるため、パーソルR&Dには様々な教育/研修の制度があります。技術研修(例えば力学、自動車工学、プログラミング、電子回路など)はもちろん充実しており、年間500を超える講座を受講できるよう整えており、社員はみな自己研鑽に努めています。また、一定の時期や役職になった際に受講する階層別の研修(●年目研修、新任マネージャー研修など)や、コミュニケーションスキルやメンタルヘルスなどを習得できるビジネス系の研修など、技術力に加え人間力も磨くことが出来ます。中途採用で入社された方々に、『研修の内容が充実していて驚きました』と言われることも多く、教育/研修は社員にとって市場価値の高いエンジニアになるための大きな礎になっています。パーソルR&Dのお客様への提供価値は、社員それぞれが持つ“技術力”の総和になるため、他の業界と違い社員教育には非常に力を入れています。

写真

技術力で社会課題を解決

“技術力”そのものがパーソルR&Dの提供価値であり、そのレベルが高いからこそ多くのお客様(企業や研究所、国内官公庁や大学など)から開発のご相談を受けることが出来ているので、これからご入社いただく方々には、ぜひ一緒にその“技術力”を高めてもらいたいです。パーソルR&Dでは大学との共同研究も進めていますし、弊社の技術力を結集した新しいサービスや製品を展示会などで発表させていただいております。そういった新しい取り組みにも参画してもらいたいですね。技術力の向上や、新しいチャレンジを通して、もっと多くの世界中の社会課題を我々の技術で解決し(これこそまさに、『尖った“技術”で社会貢献』ですね)、最終的には社員が今よりもっと誇りをもって働ける企業にしたいです。

写真

メッセージ