もっと成長したい。そう思える現場の体制。

入社前の不安を払拭できた若手エンジニア

2014年 新卒入社 電気電子系エンジニア

宇治 尚晃

最大の決め手は、
楽しくはたらいていることが伝わってきたこと。

大学では物理工学を学んだんですが、進路を明確に意識していたわけではありませんでした。しかし自分の性格上、デスクワークよりも、カタチに残るものをつくる仕事がしたいと思い、エンジニアを志望。自動車分野を選んだ理由は、自動車には最新技術の粋(すい)が結集しているからです。日本テクシード(現パーソルR&D)以外に自動車部品メーカーも受けたんですけど、説明会で先輩エンジニアの話を聞いて、本当に楽しそうに仕事をしている雰囲気が伝わってきたので、第一志望にしました。入社後の導入研修では、配属先が電気回路の部署だと決まっていたので、回路にハンダづけする作業から教わりました。その後、新入社員たちはそれぞれの配属先へと巣立ちましたが、同期とは現在も交流して支え合っています。

メーカーのエンジニアとパーソルR&Dのエンジニアには、
垣根も区別もありませんでした。

正直、メーカーに配属されるまでは、メーカーのエンジニアとパーソルR&Dのエンジニアとの間には垣根があると思っていました。でも実際に配属されて気付いたのは、両者にはまったく区別がなくて、任される業務の範囲やポジションも同等だったこと。さらに配属先では、当社から配属されている先輩エンジニアが多くて安心しました。何か困ったことがあっても現場の先輩が助けてくれます。私にはメーカーに就職した友人がいるんですけど、私と友人とでは、業務の範囲やポジション、待遇に大きな違いはありませんでした。
現在は大手メーカーに配属されて、自動車のハンドルの角度を検知するシステムの評価業務を任されています。内蔵のマイコンが設計された通りに正常に作動しているか、仕様書をもとに検証する重要な業務です。もし設計通りに動かなかった場合は、どのようにすれば動くかを自ら考えて対策を練るところまでが私のミッションです。

百戦錬磨の先輩エンジニアたちと対等に
議論できるスキルを身につけたい。

入社後の導入研修で学んだハンダづけの技術は、実際の現場でとても役立っています。現在は、導入研修で教わったことをベースに、現場のOJTで着実にスキルを身につけようとしているところです。でも、まだ先輩たちの技術的な議論に参加しても理解できないことが多くて、自分の意見を伝えることができません。これから自信を持てるように、知識と技術をしっかりと身につけて、自分の意見を発信できるようになりたいと思います。そして将来的には回路設計にも挑戦し、現場のエンジニアひとすじで技術を極めていきたいですね。

このコンテンツは、統合以前の日本テクシード及びDRDの時代に取材・撮影した内容で、2017年3月現在の情報です。